横浜IRを考えるシンポジウム パネルディスカッション「ギャンブル等依存症対策の現状と課題」

横浜市が実現を目指しているIR(統合型リゾート)の意義や、ギャンブル等依存症や治安など、IRを構成する施設の一つであるカジノに起因する懸念事項対策の取組について、市民の皆様に理解を深めていただくため、令和2年12月20日(日)に以下のプログラムにて開催しました。

13:00 開会・主催者挨拶 平原敏英(横浜市副市長)
~第1部~
13:10 特別講演「日本におけるカジノを含むIR(統合型ゾート):横浜の考察」
講演者:ダグラス・ウォーカー(米国チャールストン大学教授)
~第2部~
13:50 基調講演「シンガポールにおけるギャンブル依存症の対策及びその効果」
講演者:ゴマシナヤガン・カンダサミ(シンガポール国家依存症管理サービス機構(NAMS)精神科医)
14:40 休憩
14:50 パネルディスカッション「ギャンブル等依存症対策の現状と課題」
出演者:池田 文隆(グレイス・ロード甲斐サポートセンター センター長)
    ゴマシナヤガン・カンダサミ(NAMS精神科医)
    髙橋 英彦(東京医科歯科大学大学院教授)
    松下 幸生(久里浜医療センター副院長)
    三原 聡子(久里浜医療センター臨床心理士)
     パネルディスカッション「治安等対策の現状と課題」
出演者:アンソニー・キャボット(米国ネバダ大学ラスベガス校客員教授)
    三枝 守(元岩手県警本部長)
    渡邉 雅之(三宅法律事務所弁護士)
※講演者・出演者名は50 音順:敬称略

横浜市 都市整備局 IR推進課