ニュース – かまいたち・濱家「クズ中のクズでした」 ギャンブルで借金、酒浸りの過去語る

お笑いコンビ「かまいたち」の濱家隆一(37)が25日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に出演。ギャンブルにハマり借金した過去などを語った。
コンビ結成後、2007年の「ABCお笑い新人グランプリ」で最優秀新人賞を受賞するなど、関西では若くして知名度を得ていた。濱家は若手時代を振り返り、「遅刻はするし、二日酔いでベロベロで仕事に行くし」と打ち明け、「受賞してもお給料はそんなに良くなかったし」と続けた。
仕事のオファーは来ていたそうだが、「(自分たちが)そこまで勢いに乗りきらない。何で自分らよりオモロないアイツらがテレビ出てんねんとか」と不満を抱えていた。そんな生活が続く中「酒浸りで痛風になりまして、28歳のころでしたね」と告白。足首やひざの痛みで「漫才中に意識を失いそうくらいになって、何も言わんとはけたことありました」という。
2015年ごろには「借金生活」をしていたとも。きっかけは「ギャンブル、パチンコとかもようやっていて。月100万くらい勝つっていうのを3カ月続けた」ことだった。翌月は勝てなかったが、「もう体が月100万の体になっていて。食べ物とか遊びも100万円の遊びをするから、すぐ借金出来て。消費者金融から(借りていた)。あの時期はクズ中のクズでした」と話した。
その後、態度を改めた。2017年に「キングオブコント」で優勝し、人気は全国区に。仕事は順調の一方、半年前に「痛風が爆発しました、5カ所同時に爆発したんです。両足親指の先、両膝、右股関節」としょんぼり。番組MC・中居正広(48)に「酒は?」と問われると、「酒、の、のんでいましたね」と正直に答え、笑いを誘った。