ニュース – 霜降り・粗品 ギャンブルの勝率を赤裸々告白し「低い…」と自虐 稲垣吾郎驚き「そんなもんなの!?」

お笑いコンビ、霜降り明星の粗品(28)が23日放送のTOKYO FM「THE TRAD」(月~木曜後3・00)に出演し、ギャンブルにおける「勝率」を告白、芸名の由来も明かした。
パーソナリティーを務める稲垣吾郎(47)と初対面を果たし、「大スター過ぎて」と恐縮した粗品。トークの中で芸名について問われると、「謙虚な気持ちでお笑いをやりたいなと思いまして」と前置きし、「つまらないものですがと言いながら粗品を渡すので、『つまらないけど、よろしくお願いします』っていう意味で粗品にしております」と、穏やかな口調でコメントした。
その後「お金いっぱいつかっちゃうんですよね?」と尋ねられた粗品は、「ギャンブルが僕好きで、やってしまいますね、借金が結構ありますね」と小声に。仕事で「稼いでいる」と振られるも、「返せないですね、(借金の)額は言えないですけど。お金だけは歯止めがきかないというか」と話した。
ギャンブルを全くしないという稲垣は「勝率」に興味津々。この件に関して水を向けられた粗品。「勝率はまぁ、1割くらいですかね。1割5分」と打ち明けた。「え、そんなもんなの!?」と稲垣が驚く中、粗品は「ギャンブルする人の中でも低い…」と自虐的。「才能がない」と斬り捨てられ、「やめてくださいよ、好きでやっているんですから」と抵抗していた。