【国内の反応】ギャンブル依存症は治りません。パチンコで借金300万円、妻に土下座…知られざる「ギャンブル依存症」の恐怖

長引くコロナ禍で世界中が疲弊しているが、このような不安感やストレス、孤立が広がる社会では依存症リスクが高まる。

【写真】子殺しの翌日、「鬼畜夫婦」は家族でディズニーランドへ行っていた

 2020年5月の緊急事態宣言下には世界保健機関(WHO)からも「COVID-19 の世界的流行時の物質使用および嗜癖行動に関する注意喚起」が出された。

 我々の相談現場でもコロナ禍ならではの相談も寄せられている。そこでこの1年の経験をもとにいまだ出口の見えないコロナ禍でのギャンブル依存症の予防と治療についてお伝えしたい。

コロナ禍でギャンブルにハマる要因
 相談電話を受けていて、コロナ禍でギャンブルにはまる要因が見えてきた。まず一つ目は長引く飲食店等の時短営業である。

 大抵の飲食店と言えば、これまで忙しい職種の代名詞で、午前中の仕込みから夜遅くまでの勤務が珍しくなかった。

 そのため飲食店勤務でギャンブル愛好家の方は、休みの日はゆっくり起きて、午後からパチンコに行く、もしくは日曜日は競馬をやるといった程度の人が多いかと思う。

 ところがこの時短勤務で急に暇ができてしまった。すると他にやることがなく、パチンコに行く頻度が増え、ついには借金生活になってしまったというパターンである。

 相談者はたいてい「そもそもコロナ以前は仕事が猛烈に忙しく、趣味を持つ時間もなかった。パチンコ以外に暇つぶしが思いつかなかった」と言う。それはそうだろうなと納得する。

 ちなみにほとんどのパチンコ店は営業時間を自粛していない。

 二つ目は、やはり緊急事態宣言で暇になって、ネットギャンブルにハマるパターンである。

 公営競技は、緊急事態宣言以降、無観客や観客数を抑えてレース開催をしてきた上に、場外の販売施設を閉鎖してきた。にもかかわらず、売り上げは前年比を大きく上回っている。

 さらに近年の傾向では、パチンコをやりながらスマホでネット投票をするというパターンが増加している。スマホの台頭で人々は気が短くなり、暇をさえあればスマホをいじってしまうが、その影響がギャンブルにも現れてきた。

 特に若者に人気となっているのが競艇で、公営競技がアプリで簡単に投票ができるシステムとなってからは「パチンコ+競艇」というギャンブル依存症リスクの高いやり方をする人々が増えてしまった。

 競艇が増えた背景には、テレビだけでなく駅や電車内などでも盛んにCMを打っていること、競艇選手が「イケメンボートレーサー」などと言われるようになり、かっこよく高給取りで若者の憧れの存在になったことなどが考えられる。

 しかしこういった環境要因だけで人は依存症になるわけではない。三つ目にはメンタルの問題が大きく関わっている。

 ギャンブル依存症に陥ってしまった人の話を入念に聞いていると「家に帰りたくなかった」という居場所感の欠如や、コロナで仕事やプロジェクトがなくなってしまった、大学の授業がオンラインでつまらない、やる気になれない、部活やサークル活動ができなくなった、残業代カット等による収入減少で「ギャンブルでお金を増やそうと思った」という理由が出てくる。

 つまりコロナ禍でのギャンブル依存症の要因は、暇な時間の増加とストレスがプラスされた場合と考えられ、それはこの時代多くの人にあてはまることと懸念される。